新年度から始めたい!普段からカンタンにできる貯蓄や貯金の方法とは?

マネープラン

将来に向けて貯金をしたいけれど節約は苦手だし、資産運用の元手もない……という人は多いのではないでしょうか。普段からカンタンにできる貯金方法もちゃんとあります。最近のトレンドは「ツールの活用」と「仕組み化」。貯蓄に回すお金を増やしたい方、必読です。

無駄な出費を減らそう

貯金しようと考えた時、真っ先に思い浮かぶのが「節約」でしょう。節約というと、何かを我慢しなければいけない! と思い込んでいる人も多いと思いますが、大切なのは「収支」の把握です。必要な支出を削るのは大変ですが、「収支」を振り返ればカットできる無駄な支出が見つかるはずです。

簡単に支出を把握するには

節約のために収支を把握するには、家計簿をつけるのが最善でしょう。家計簿は何度も挫折している……という人には、スマートフォンの家計管理アプリがおすすめです。アプリごとに使い勝手や特長は異なりますが、以下のような機能が搭載されています。

  • レシートを撮影することで支出を自動的に登録・仕分けできる
  • 銀行やクレジットカードと連動し、現金以外の支出も管理できる
  • 項目ごとの合計や、月合計の比較などをグラフで表示し、視覚的に支出を把握できる

自動化や連動が進み、従来は自分でやっていた作業の多くを家計簿アプリが代行してくれます。こういったツールを活用し、「無駄遣い」の支出を見つけ出しましょう。無駄な部分を削り貯金することで、無理せず貯蓄に回すお金が増えるはずです。

固定費を見直そう

固定費の見直しも検討しましょう。固定費とは、毎月決まって支出する費用のこと。節約しやすい固定費の代表はスマートフォンや携帯電話などの通信料金と保険料です。なぜなら、携帯会社や保険会社の相談窓口を利用すれば無料で専門家の意見が聞けるので、見直しが実行しやすい項目だからです。住居費も固定費ですので、賃貸ならば家賃の安いところを探す、住宅ローンを組んでいるなら借り換えを検討してみましょう。新聞や月額料金で利用するスマートフォンアプリなど、少額の支出でも年単位で見れば大きな金額が削減できます。

買い物を控える、ランチ代節約のために弁当を作るなども効果がありますが、無理は禁物です。長く節約を続けるためにも、できるだけ楽に続けられる節約方法を選びましょう。

財布を整理しよう

無駄な支出と分かっていてもやめられないこともあるでしょう。例えば、習慣でついコンビニやカフェに寄ってしまうことはありませんか。そういうときは、財布に入れるお金を必要な分だけにします。小銭でちょっとした買い物をしてしまうことを防ぐために、小銭はお財布ではなく、貯金箱に入れてみてはいかがでしょう。

毎日100円玉を貯金すると、3カ月で約1万円になりますし、500円玉なら、20枚で1万円です。中身が透けて見えるタイプの貯金箱なら、どんどん貯まっていくのが目に見えるので楽しく貯められそうですよね。

小銭貯金で財布をスッキリさせるのは家計管理の点からも効果的です。小銭だけでなく、使っていないポイントカードを整理したり、チャージ式のカードを1枚に絞ったりすることで、「ポイントが貯まるから」と無駄な買い物をしてしまうのを防ぐことができます。

貯金の仕組みを作ろう

先取り貯金も実践してみましょう。毎月給料日に一定額積立をして、残りの金額でやりくりするのが先取り貯金ですが、資産運用に興味があるなら、貯金に加えて投資信託など運用商品の積立をするのもおすすめです。資産運用では分散投資や銘柄選択を考えなければなりませんが、投資信託なら、集まった資金を運用会社が分散投資してくれます。投資信託は元本割れのリスクもあるため、貯蓄性を重視した、リスクの低い商品を選ぶといいでしょう。

注意点として、最初は少額から始めることです。「少なくとも1万円から始めたい」という人も多いでしょうが、最初は1,000円からで十分です。慣れてきたら徐々に金額を増やしていきましょう。その代わり、積立は取り崩さない、という強い意思を持つことが重要です。

自信がない人は、普段利用している銀行とは別に、貯金用の口座を開設してもいいでしょう。近くにATMがない銀行やあえて証券会社の口座を開設するなど、「利便性が低く引き出しに手間がかかる積立」を行うのです。


節約は「苦しいし大変」というイメージを持つ人は多いはずです。ツールを活用したり、自然に貯まる仕組みをつくったりすることでカンタンに貯金を始めてみましょう。お金が貯まっていくことを実感できれば、貯金そのものが楽しくなるのではないでしょうか。

  • 本ページの内容は2017年3月1日時点での情報です。

ライター紹介

横山晴美
企業に所属せず、中立・公平の立場で活動する住宅系ファイナンシャルプランナー。新規購入・リフォーム・二世帯住宅を問わず、家に関することなら購入額から返済計画まで幅広く対応。また、住宅購入は家計・教育費・老後資金・相続など多くの視点が必要なため、ライフプランを見据えた相談を行う。
ホームページ:ライフプラン応援事務所