無料でも使えるけど有料だともっとおトク?気になる会員制Webサービス

マネープラン

世の中には無料で利用できる便利なWebサービスがたくさんあります。しかし、有料会員になることでより多くの機能やコンテンツを利用できたり、プレミアムな特典を享受できるサービスもあります。「無料でも使えるのに、お金を払う必要があるの?」と思う人もいるかもしれませんが、有料会員になることでどれくらいメリットがあるのでしょうか。いくつかの会員制Webサービスを見てみましょう。

配送特典やエンターテイメントが充実の「Amazon プライム」

日本事業の売上高がついに1兆円を突破したといわれているアマゾン。ショッピングに利用している人も多いでしょう。3,900円(税込)の年会費を支払うことで会員になれる「Amazonプライム」は、amazon.co.jpで買い物をした際に、通常よりも早く荷物が届く「お急ぎ便」や「お届け日時指定便」を無料で利用することが可能です。
さらに、「Amazonプライム」の会員特典はショッピング以外のコンテンツにも拡大しています。追加料金なしで、対象の映画やテレビ番組が見放題になる「プライム・ビデオ」や、100万曲以上の楽曲、アルバム、プレイリストにアクセスできる「Prime Music」が利用できるなど、エンターテイメント性のあるコンテンツが充実しています。

毎日の料理づくりに役立つ「クックパッド プレミアムサービス」

日本最大級のレシピ検索サイトであるクックパッドは、180万人のユーザーが有料会員の「プレミアムサービス」に登録しています。無料会員でも豊富なレシピを閲覧できますが、月額280円(税抜)のプレミアム会員になると、「人気順検索」や「殿堂入りレシピ」で人気の高いレシピを探したり、ダイエットや離乳食などの目的に応じた「専門家厳選レシピ」を利用したりできます。また、お気に入りレシピを保存できる「MYフォルダ」機能は、無料会員は20件が上限ですが、有料会員になると3,000件まで保存することができます。毎日の献立を考えるのはなかなか大変ですが、有料会員になることで、より効率的にレパートリーを増やせるかもしれませんね。

本気で家計改善に取り組むなら「マネーフォワード プレミアムサービス」

マネーフォワードは、自分の使っている銀行口座やクレジットカードを登録すると、自動的に家計簿を作成してくれるサービスです。自分で家計簿をつけるのは面倒…という人でも、簡単にお金の流れを把握することができます。無料会員なら、金融機関の情報を10件まで連携でき、過去1年分のデータが閲覧可能です。月額500円(税込)の「プレミアムサービス」に登録すると、連携できる金融機関が無制限となり、過去のデータがすべて閲覧可能です。共働き世帯なら、夫婦の口座やカード情報をすべて登録するだけで、家計の全体把握ができるようになりますね。また、有料会員なら、シミュレーター機能で資産の見通しを立てて将来設計に活かしたり、推移グラフで資産の増減を視覚的に把握することができるようになります。サービスを使いこなすことでしっかり貯蓄や節約につながれば、月額500円は高くないかもしれませんね。

日本全国のラジオ局が聴ける「radiko プレミアム会員」

radiko(ラジコ)は、今いるエリアで放送しているAM/FMラジオを、PCやスマートフォンで聴けるサービスです。過去1週間以内に放送された番組を後から聴くことができますが、月額350円(税抜)の「プレミアム会員」登録すると、日本全国のラジオ局の番組をエリアフリーで聴けるようになります。無料の場合、東京にいる人が聴けるのは東京で放送されているラジオ局のみですが、有料会員になることで地方局の番組も聴けるようになるんですね。転勤や上京などで聴けなくなってしまったお気に入りの番組や、好きなタレントやアーティストが出ている地方の番組なども聴くことができます。エリア限定でしか放送されていない、地元の球団やサッカーチームの試合などもチェックできますね。

独学で技術習得やスキルアップできる「Schoo プレミアム学生」

ITスキルやビジネススキルを動画で学ぶことができるSchoo(スクー)は、オンラインで様々な授業を提供しています。無料会員なら生放送の授業を受講することができますが、月額980円(税込)の「プレミアム学生」になると、過去に放送された録画授業を見たり、動画をダウンロードできるようになります。また、プレミアム学生限定授業の受講や、IT系技術者習得プログラムへの参加が可能になります。さらに、月額1,980円(税込)の「プレミアムプラス学生」になると、授業で使用した資料のダウンロードもできるので、より深い学習が可能になります。専門学校に通わず、独学でプログラミングやWebデザインの実践的な技術を身に着けたい人や、ビジネススキルの向上といったスキルアップを図りたい人にはおすすめのサービスです。


インターネットの情報は、基本的には無料で利用したり閲覧できたりするので、有料会員になるには少し抵抗を感じることもあるかもしれません。しかし、「せっかくお金を払ったんだから」と思ってしっかり活用することで、十分に元が取れるサービスも数多くあります。会費に見合った価値を感じられるような使い方をしたいものですね。

  • 本ページの内容は2017年6月7日時点での情報です。
  • 掲載された情報をもとに、お客様がなされた行為によって生じたトラブル・損害について、当社は一切責任を負いかねます。