最近話題になっている仮想通貨ってどんなもの?

マネープラン

ニュースなどで「仮想通貨」や「ビットコイン」といった言葉を見聞きする機会が増えています。しかし、その詳細となると、わからないことが多いのではないでしょうか。そこで今回は、仮想通貨の基礎知識について解説するとともに、代表的な仮想通貨をいくつかピックアップして紹介します。

仮想通貨って何?おさえておきたい基礎知識

まず、仮想通貨がどのようなものなのか確認してみましょう。

そもそも仮想通貨とは?
正式には金融庁が資金決済に関する法律で定義していますが、簡単に説明すると、仮想通貨は国が発行する本物のお金(法定通貨)ではなく、目には見えない仮想の通貨のことです。インターネットを介して、商品やサービスの対価として利用したり、個人に送金したりできます。公的な発行者や管理者は存在しませんが、専門の取引所を通じて円、ドル、ユーロといった通貨との交換が可能です。
仮想通貨は資産?通貨?
税法上は資産として扱われます。支払手段のひとつと定義されており、法定通貨(弁済手段として法的に強制力が認められている通貨)ではありません。
消費税の扱いは?
2017年7月より、仮想通貨の売買取引については非課税となっています。

仮想通貨で何ができるの?安全性は?

仮想通貨は具体的にどのようなことができるのでしょうか。一般的な特徴やメリットをご紹介します。

安くスピーディーに送金できる
法定通貨での送金と違い、金融機関を仲介する必要がありません。そのため、手数料は無料か数円程度。送金にかかる時間は数分~数十分です。法定通貨で海外に送金する際は、コストも時間もかかりますが、仮想通貨であれば、世界中どこへでも安くスピーディーに送金できます。
仮想通貨の発行と管理の仕組み

前述したように、仮想通貨には政府や中央銀行のような公的な発行者・管理者は存在しません。利用者たちがすべての取引履歴を保管しあっています。

取引記録は取引台帳に追記されていくのですが、この処理にはコンピューターによる膨大な計算が必要です。そこで、有志のコンピューターのリソースを借りて、この追記作業を行っています。

そして、有志による計算処理に対しては、報酬として新規発行された仮想通貨が支払われます。この仮想通貨が新規発行されるまでの有志の働きは、「採掘(マイニング)」と呼ばれています。

不正や悪用を防ぐ技術―ブロックチェーン

仮想通貨の取引記録は、世界中のコンピューターに分散させることで破壊や改ざんなどのリスクを軽減しています。この技術を「ブロックチェーン(分散型台帳技術)」といいます。

また、すべての取引記録はネットワーク上に保存されており、誰でもチェックすることができます。不特定多数の人の目に触れることで、偽造や二重払いなどを防止しているのです。ただし、暗号化技術によって利用者は許可された項目しか参照できないため、個人情報が流出する心配はありません。

仮想通貨にはどんな種類があるの?

最も知名度が高い仮想通貨はビットコインですが、ほかにもさまざまな仮想通貨があります。代表的なものを、いくつかご紹介しましょう。

ビットコイン(Bitcoin)
認知度、時価総額ともにトップの仮想通貨で、上述したブロックチェーンの技術を採用しています。発行総量は2140年までに2,100万枚と上限が決められており、それ以降は新規発行されません。また、ほかの仮想通貨と比べて決済に時間がかかるという課題があります。
イーサリアム(Ethereum)
ビットコインに次いで時価総額が大きい仮想通貨です。ビットコインと同様にブロックチェーンの技術を使っていますが、最大の特徴として「スマートコントラクト」と呼ばれる技術が挙げられます。これは、例えば誰にいつ送金するというような契約を自動的に実行・保存してくれる機能です。
リップルコイン(Ripple)
Googleが出資していることでも知られています。はじめから1,000億枚が流通しており、ほかの通貨との交換だけでなく銀行への送金などもできるのが特徴です。
ライトコイン(Litecoin)
「ビットコインが金ならばライトコインは銀」のコンセプトで、2011年に登場しました。発行上限は8,400万枚で、取引速度の速さが特徴です。
ダッシュ(Dash)
匿名性が最大の特徴である仮想通貨です。「ダークセンド」というトランザクション形式(複数の送信依頼をシャッフルして受信者に送る仕組み)を採用しており、誰から誰に送金されたのか分からないようになっています。また、ビットコインよりもはるかにスピーディーな取引が可能です。

まだまだ発展途上の仮想通貨ですが、私たちの生活をより便利にしてくれる可能性を秘めています。近い将来、買い物を含む支払いは、すべて仮想通貨で行う日が来るかもしれませんね。

  • 本ページの内容は2017年9月22日時点での情報です。
  • 掲載された情報をもとに、お客様がなされた行為によって生じたトラブル・損害について、当社は一切責任を負いかねます。