経済効果や地域活性化も?人気上昇中のリアル体験型ゲーム

マネープラン

最近、テレビなどでも特集されることが多いリアル体験型ゲーム。気軽に参加でき、子ども時代に戻った感覚でワクワクした気分になれることから人気を集めています。なかには経済効果や地域活性化につながっているケースもあるようです。今回は、リアル体験型ゲームについてさまざまな角度から見てみましょう。

リアル体験型ゲームって何?

機械を使ったゲームの場合は、コントローラーで操作をしながら画面の中でプレイします。リアル体験型ゲームはその名のとおりリアルな体験を楽しむもので、現実の空間のなかでゲームの世界を感じながら、実際に身体を動かして進めていくものです。

代表的なリアル体験型ゲームをいくつかご紹介しましょう。

  • 宝探し系
    宝の地図を頼りに謎解きをしながら宝物を見つけ出す……そんな子どものころに夢見たような宝探しを疑似体験できるゲームです。テーマパークをはじめ、市区町村などでも開催されています。
  • 脱出系
    プレイヤーは、ある場所に閉じ込められているという設定で、ほかの参加者と協力して暗号やパズルを解きながら、制限時間内に脱出することを目指すゲームです。マンションの一室、廃校や廃病院、大型スタジアムなどで体験できます。
  • 謎解き系
    制限時間内にクイズや問題を解いていくゲームです。問題は紙に書かれているのが一般的ですが、なかにはプロジェクションマッピング(立体物の表面に映像を映す技術)を用いて臨場感を高めているものや、前述の脱出ゲームと組み合わせたものもあります。
  • スパイ系
    プレイヤーがスパイとなって、与えられたミッションのクリアを目指すゲームです。脱出や謎解きの要素も含まれています。

リアル体験型ゲームの人気の理由は?

リアル体験型ゲームが人気を集めている理由としては、その世界観が挙げられるでしょう。密室に閉じ込められて脱出を試みる、スパイになって任務を遂行するといった、非日常的な世界を体感できます。また、人気アニメやゲームとのコラボイベントも行われており、参加者は好きな作品の世界に浸ったり、キャラクターになりきったりして楽しめるのです。
また、宝探しゲームの場合は賞品や賞金も魅力です。なかには、賞品・賞金の総額が100万円規模のものも開催されています。
大人向けの本格的な謎解きゲームもありますが、親子や夫婦、カップル、友人同士で気軽に楽しめる難易度が低めのイベントが多いことも、人気の理由のひとつです。また、謎解き要素を攻略するには参加者同士の協力が必要なので、新しい出会いの場となったり、コミュニケーションの向上につながったり、チームワークの大事さを学べたりするというメリットもあります。そのため、街コン(街ぐるみで行われる合コンのこと)や企業研修に取り入れられるケースも増えています。

データから見る参加者数と経済効果

リアル宝探しのイベントを企画運営する株式会社タカラッシュによると、ゲームの参加者は年々増えています。2012年度は80万人、2013年度は100万人、2014年度は160万人と推移し、2015年度には200万人を突破しました(注1)。

株式会社モバイルファクトリーが2016年に開催したリアル宝探しイベント「東京トレジャー鉄道」には、7,474人が参加しました。同社の試算によると、このイベントによって約3,200万円相当の経済効果があったそうです(注2)。

さまざまな方向に広がりつつあるリアル体験型ゲーム

リアル体験型ゲームは、ゲームそのものを楽しむだけでなく、男女の出会いの場や企業内での組織力向上など、さまざまな方向に広がっています。具体的な導入事例を見てみましょう。

外国人観光客の誘致施策となったリアル体験型ゲーム
2014年に、宮城県で外国人観光客を対象にしたリアル宝探しイベント「忍者の宝 仙台・宮城」が開催されました。外国人観光客の誘致に宝探しゲームが活用されたのは、これが日本初だったそうです。
健康プログラムとして実践するリアル体験型ゲーム
静岡県三島市は、2016年に株式会社タニタとコラボしたリアル宝探しイベント「ミシマトレジャー水の都の宝物」を開催。地域活性化だけでなく、宝探しを楽しみながら市街地を歩くことによる健康増進を目指しました。
地域活性化につながるリアル体験型ゲーム
リアル体験型ゲームを地域活性化に活用する自治体が増えています。神奈川県の箱根町もそのひとつです。2015年の火山活動の活発化によって減少した観光客を呼び戻すために、「リアル宝探しPARK in箱根」を開催。観光地全体をイベントの舞台にし、タイプの異なる複数の宝探しプログラムを展開しました。
入学説明会とコラボしたリアル体験型ゲーム
専門学校東京スクールオブビジネスは、2017年に行われた入学説明会にリアル謎解きゲームを活用しました。学校について知ってもらうだけでなく、一緒に学ぶかもしれない仲間とのチームワークを深めることを目的としたユニークな試みです。

ゲーム性を楽しむだけでなく、コミュニケーションやチームワークの向上といったメリットもあるリアル体験型ゲーム。今後もバラエティ豊かなゲームやコラボイベントが、続々と登場することが期待されます。まだ体験したことのない人は、一度参加してみてはいかがでしょうか。

出典:
  • (注1)タカラッシュ! | 宝探しとは?
  • (注2)株式会社モバイルファクトリー | 第16期中間株主通信
  • 本ページの内容は2017年10月23日時点での情報です。
  • 掲載された情報をもとに、お客様がなされた行為によって生じたトラブル・損害について、当社は一切責任を負いかねます。