実は日本独自のイベント!意外と知らないホワイトデー

マネープラン

3月14日は、バレンタインデー(2月14日)のお返しをする日として知られるホワイトデーです。しかし、お返しをする側は、「どれくらいの価格でどんなものを用意すればいいのか?」と、頭を悩ませるかもしれません。今回は、ホワイトデーの豆知識とともに、お返しの相場や方法についてご紹介します。

ホワイトデーは何をする日?

ホワイトデーは一般的に、バレンタインデーに女性からチョコレートをもらった男性がお返しをする日です。代表的な贈り物としてはキャンディー、クッキー、マシュマロなどが挙げられます。

ホワイトデーはどうして生まれたの?
バレンタインデーの起源は海外ですが、ホワイトデーは日本発の記念日です。仕掛け人は日本の菓子業界で、1970~1980年代に誕生したといわれています。
ホワイトデーの始まりについては、3つの説があるようです。「全国飴菓子工業協同組合」「不二家とエイワ」「石村萬盛堂」が、それぞれ自分たちが元祖であるとしています。
  • キャンディーの需要拡大を図るための方法を模索していた全国飴菓子工業協同組合は、1978年の総会で、「ホワイトデー(3月14日)はキャンディーの日」と決定。そして、1980年に「愛にこたえるホワイトデー」をキャッチフレーズに第1回目のホワイトデーを実施しました。
  • 菓子メーカーの不二家は、バレンタインデーのお返しの品としてキャンディーやマシュマロの宣伝を開始。その後、マシュマロメーカーのエイワと協力して、1973年3月14日に売り出しを始めました。
  • 福岡の老舗菓子店である石村萬盛堂も、ホワイトデーの発祥であると主張しています。社長が少女雑誌で見た「バレンタインデーのお返しがないのは不公平」という記事をきっかけに、チョコレートをマシュマロで包んだお菓子を発売します。そして、1978年3月14日から「マシュマロデー」をスタートしました。その後、“マシュマロの白”を想起させる「ホワイトデー」に改名したそうです。

ホワイトデーの市場規模やお返しの相場を見てみよう

ホワイトデーとバレンタインデーの市場規模を比較!
ホワイトデーの市場規模はどれぐらいなのでしょうか。バレンタインデーの市場規模と比較してみましょう(注1)。
2006年
バレンタインデー:約1,300億円
ホワイトデー:約1,200億円
2014年
バレンタインデー:約1,080億円
ホワイトデー:約730億円

いずれも減少していますね。バレンタインデーの場合、最近では、義理チョコの慣習を廃止する職場が増えているなどの理由もあるかもしれません。また、バレンタインデーが休日に当たると、職場や友人へ贈るようなギフト需要が減少するともいわれています。ちなみに、2014年のバレンタインデーは、近畿から東北にかけて広範囲で大雪となったため、イベント自体が縮小してしまったことも原因のひとつと言えそうです。
ホワイトデーに関しては、バレンタインデーよりも歴史が浅いことを考えれば、健闘しているといえるのではないでしょうか。

お返しの額はいくらぐらい?
気になるのは、お返しの相場ですね。もらったのが本命チョコか、義理チョコかによっても金額が変わってくるでしょう。
価格.comのアンケート調査(注2)によると、本命にお返しとして贈るスイーツの予算として一番多かったのは、1,001~2,000円(22%)でした。義理チョコのお返しでは、501~1,000円(31.3%)が最も多い回答となっています。
また、カップル専用アプリの「Between」がカップル3,525人を対象に行なった調査(注3)では、男性が考えるホワイトデーの相場は、5,000円以上がトップ(29.9%)でした。次いで、1,000~2,000円(18.4%)、2,000~3,000円(18.2%)、4,000~5,000円(13.6%)となっています。

ホワイトデーのお返しには何を贈ればいい?

価格.comの調査によると、女性がホワイトデーにほしいスイーツのトップ3は、チョコレート、マドレーヌ・フィナンシェ、生ケーキ。ほしいプレゼントはアクセサリー、ファッション雑貨、花となっています。お返しの品に悩んでいる人は、参考にしてみてください。
お返しの相手がダイエット中だったり、日ごろから食事に気を配っていたりする人なら、低カロリー・低糖質や原料にこだわったスイーツなどが喜ばれるかもしれません。甘いものが苦手なお相手には、紅茶やハンドクリームなどを検討してみてはいかがでしょうか。


ホワイトデーのお返しに限らず、贈り物を受け取る側が一番うれしいのは「気持ち」です。相手のことを考えて選んだものであれば、きっと喜んでもらえるでしょう。

出典:
  • (注1)ビジネス+IT | バレンタイン、ホワイトデー市場規模縮小
  • (注2)価格.com | 《ホワイトデー2017》プレゼントランキング!人気のお返しはどれ?
  • (注3)カップル専用アプリ「Between」 | バレンタインに関するカップルの実態調査
  • 本ページの内容は2018年2月6日時点での情報です。
  • 掲載された情報をもとに、お客様がなされた行為によって生じたトラブル・損害について、当社は一切責任を負いかねます。