2019年7月7日(日)、函館マラソンが開催されました。
ジャックスは、今年もエイドステーションでのサポートと、完走後のランナーを労う「おもてなしフェスタ」での記念撮影ブースを担当しました。雨天での開催となった昨年とは違い、今年の天候はくもり。気温も例年より涼しく感じられ、ランナーにとっては今までになく良好なコンディションだったのではないでしょうか。

函館マラソンは、ランニングのポータルサイト「ランネット」が毎年行っている「全国ランニング大会100撰」に2017年大会より2年連続で選ばれており、年々着実に注目度が上がっています。今年はフルマラソン・ハーフマラソン合わせて、過去最多7,436名のランナーが出走しました。函館の魅力が詰まったエイドステーション、その運営に地元ボランティアの方々に混じり、全国から集まったジャックス社員とその家族41名も参加しました。創業の地“函館”の一大イベントを盛り上げるべく、ランナーの水分補給をサポートしながらたくさんの声援を送りました。

今年はフルマラソンの完走者に初めて完走メダルが授与されました。五稜郭をかたどった星形のメダルは好評で、記念撮影ブースにも多くのランナーがメダルを持って撮影に来てくれました。

Back to Top