2018年1月、ジャックスは日本パラバレーボール協会と「スペシャルパートナー」契約を締結しました。
パートナー契約やシッティングバレーについて詳細はこちら
競技の発展・普及に向けて、ジャックスでは2018年7月26日、第1回社内体験会を開催。社員はもちろん、社員のご家族も合わせ39名が参加しました。
日本代表チームの選手や監督により、床に臀部の一部をつけたままの移動方法から、基本プレーのレシーブやサーブ、スパイクの仕方に加え、シッティングバレーボール競技特有のルールを直々に指導してもらいました。

バレーボールをあまり経験したことのない人や、久々にプレーする人にとって、とてもわかりやすく教ええてもらえたため、チームに分かれ実際にゲームを行った際には大変盛り上がりました。ボールを落とさないように声をかけあったり、点を獲得するとチームで喜び合う様子は、部署の垣根を越え、社員同士の親睦や交流を図ることにも繋がりました。
体験会が終わった後も、参加者からは「もっとやってみたい」「次回の体験会も参加したい」という声が多くあがり、次回の開催では今回以上の盛り上がりが期待できます。

夏季パラリンピックの正式種目に採用されている本競技は、東京2020パラリンピック競技大会でのメダル獲得も期待されています。一緒にプレーし、交流ができた今回の体験会をきっかけに、日本代表選手の活躍が楽しみになりました。

Back to Top