連結営業収益の推移

2018年度よりスタートした中期3カ年経営計画では、「国内事業の持続的成長」「海外事業の成長拡大」「生産性の向上と成長基盤の強化」を重点方針とし、さらなる営業収益の拡大に向け取り組んできた結果、8期連続で増収を果たしています。

連結営業収益の推移 2016年度 営業収益 1,196億円 2017年度 営業収益 1,340億円 2018年度 営業収益 1,458億円 2019年度 営業収益 1,586億円 2020年度 営業収益 1,606億円

連結経常利益・親会社株主に帰属する当期純利益

連結経常利益は、営業収益が拡大するなか、海外事業でのインドネシア通貨ルピア安に伴う金融費用の増加や貸倒関連費用の増加により減少しました。一方、親会社株主に帰属する当期純利益は、海外子会社の当期純損失が一部控除されたことで過去最高益を更新しています。

連結経常利益・親会社株主に帰属する当期純利益 2016年度 経常利益 118億円 親会社株主に帰属する当期純利益 87億円 2017年度 経常利益 127億円 親会社株主に帰属する当期純利益 78億円 2018年度 経常利益 144億円 親会社株主に帰属する当期純利益 89億円 2019年度 経常利益 167億円 親会社株主に帰属する当期純利益 107億円 2020年度 経常利益 165億円 親会社株主に帰属する当期純利益 117億円