社会に出る前に勉強しておきたい!中高生向け金融教育とは?

マネープラン

金融教育とは、お金や金融の様々な働きを理解し、それを通じて自分の暮らしや社会について深く考えること、とされています。子どもの頃から金銭感覚を養うことで、お金と関わるうえでの理解力や判断力の向上が期待できますね。日本は海外に比べると金融教育が遅れていると言われますが、実は学生を対象にした金融教育の取り組みはさまざまなところで行われています。今回は、中高生向けの金融教育についてご紹介します。

中高生にとっての金融教育の位置づけは

ひと昔前まで、学校で教わる授業といえば、英語や数学といった受験に必要な科目がメインでした。しかし近年の教育現場では、金融教育への取り組みが始まっています。文部科学省では、「生きる力」を身につけるための教育を重要視しており、金融教育もその一環として推進されているのです。

実は多彩な中高生向け金融教材
ひと口に中高生といっても、年齢によって経済への理解度には大きな差があるでしょう。学習指導要領では、段階的に理解を進められる教育内容になっています。例えば、中学生には身近なものから経済を考えさせるとしていますが、高校生には経済のしくみだけでなく、社会情勢や金融の変化にも触れるようなものが望ましいとされているのです。
こうした教育に対応するための金融教材は多数あります。インターネットで手軽に入手できるものをいくつかご紹介しましょう。
金融庁「わたしたちの生活と金融のはたらき」
お金について、家計やお小遣いといった身近なテーマから学んでいく教材で、「家計」「企業」「政府」という経済活動の基本が学べます。多重債務のリスクやクーリング・オフ、保険や預金などの金融商品といった、金融教育で必要とされる情報が総合的にわかりやすく掲載されています。
参考教材はこちら
財団法人日本経済教育センター「カラテカのよくわかる生活と経済~牛丼屋にチャレンジ!~」
牛丼屋の経営をシミュレーションする教材です。商品価格やアルバイト従業員の雇用などの経営方針を決定し、景気やライバル店の出現といった外部環境の変化を踏まえて、年間の利益をシミュレーションするという、具体的な内容となっています。経費や利益の計算だけでなく、働き方などについても考えることができるので、楽しみながら経営について学べそうですね。
参考教材はこちら
一般社団法人日本クレジット協会「くれじっと入門」
社会人になったら持つことが多いクレジットカードの基本的なしくみについて学べます。「1回払い」や「リボルビング払い」といった支払方法や、審査の際に利用する指定信用情報機関について、クイズなども交えながらわかりやすく解説されています。普段クレジットカードを使っている人でも意外と知らないような情報もあるので、中高生だけでなく大人にもおすすめです。
参考教材はこちら

ほかにもさまざまな金融教材があります。イラストや身近なテーマでわかりやすく作られている教材ばかりなので、大人でも楽しみながら理解を深められる内容になっています。家族で一緒に金融知識を深めるのもよさそうですね。

高校生が競う「エコノミクス甲子園」とは

高校生が経済・金融知識を競う「エコノミクス甲子園」をご存じでしょうか。「金融知力は目標の達成や豊かな人生の実現に役立つ知識」という考えのもと、高校生が金融知力を駆使して競う大会で、2007年から毎年開催されています。
地方予選では筆記や早押しが実施され、予選を勝ち上がったチームが出場できる全国大会では、経済用語の解説や他チームと協力するプレゼンクイズなどいろいろな問題が出題されます。経済・金融知識はもちろん、知識を説明・発表するといったスキルも必要になります。

  • 対象者:全国の高校生(通信制高校や高等専門学校などを含む)
  • チーム:同じ高校に通う生徒2人で1チームを組む
  • 出題テーマ:主催者から送られてくる事前学習教材、時事問題、お金に関するトリビアなど、生活していく上で必要となる「お金」に関わる幅広い内容
  • 費用:参加費無料。地方大会会場までの交通費・宿泊費は自己負担。全国大会の場合は主催者負担。
  • 主催: 認定NPO法人金融知力普及協会
優勝チームにはアメリカ研修旅行が!
エントリーはインターネット上からでき、まずは全国各地で開催される地方大会からの参加となります。地方大会で優勝したチームは、都道府県代表として全国大会への出場権を獲得します。そして、全国大会で優勝すると優勝賞品としてアメリカ・ニューヨーク研修旅行がプレゼントされるのです。ニューヨークでは、企業訪問や現地で活躍する企業人らと直接交流することができます。
全国大会出場で奨学金を受けとれる可能性も
エコノミクス甲子園で全国大会に出場した高校生には、返済不要の奨学金に応募するチャンスが与えられています。具体的な応募条件は以下の通りです。
  • 全国大会参加決定者
  • 大学進学について経済支援を必要とする
  • 国内の4年制大学への進学を志望する
  • 健康で勉学への意欲が高く品行方正である

選考の結果、奨学生になれるのは1~3人と狭き門ですが、受給できれば返済不要の奨学金200万円(年額50万円×4年間)を受け取ることができます。エコノミクス甲子園の開催目的でもある、「将来の日本をリードする人材の育成」を、経済的な側面からサポートする取り組みなのですね。

プリペイドカードではじめるお金の教育

家庭でできる金融教育について考えてみましょう。例えば、子どもにとってお小遣いの使いみちを考えることは、身近で重要な経済活動です。
お小遣いを通じてお金の教育をする方法のひとつとして、プリペイドカードを利用するというものがあります。現金ではなく、事前に入金したプリペイドカードをお小遣いとして渡すことで、以下のようなメリットが考えられます。

  1. 利用履歴を確認できる
    多くのプリペイドカードは、利用履歴をメールや会員サイトで確認できます。子どもがいつ・何にお金を使ったかを把握できると、親としては安心ですよね。また、子ども自身が履歴を見て、無駄遣いがなかったかをふり返ることもできます。「お小遣い帳をつけるのが面倒…」「気づいたらお小遣いがもうない…」というお子さんが、自分の使い方を客観的に見るきっかけにもなりますね。
  2. 紛失時のリスクが少ない
    万が一、プリペイドカードを紛失してしまった場合でも、事前に入金した金額以上の損失を負うことがないというのもメリットのひとつです。入金額を任意で決めることができ、最低入金額も1,000円程度の場合が多いので、中高生のお小遣いとして適しています。
  3. 「現金以外のお金」に慣れることができる
    電子マネーや仮想通貨が一般的になり、今後も現金以外の決済方法は増えていくでしょう。また、社会人になるとクレジットカードを持つ人も多いですが、学生時代から、プリペイドカードで現金以外のお金のやり取りに慣れておくことも重要ではないでしょうか。

大人になると、資産運用や投資、クレジットカード、ローン、仮想通貨など、さまざまな形でお金と関わることになります。将来のためにも、中高生のうちから金融教育に取り組み、お金の知識や金銭感覚を磨いていきたいですね。

ライター紹介

横山晴美
企業に所属せず、中立・公平の立場で活動する住宅系ファイナンシャルプランナー。新規購入・リフォーム・二世帯住宅を問わず、家に関することなら購入額から返済計画まで幅広く対応。また、住宅購入は家計・教育費・老後資金・相続など多くの視点が必要なため、ライフプランを見据えた相談を行う。
ホームページ:ライフプラン応援事務所
  • 本ページの内容は2018年8月20日時点での情報です。
  • 掲載された情報をもとに、お客様がなされた行為によって生じたトラブル・損害について、当社は一切責任を負いかねます。