増加している“子ども食堂”とは?その目的や課題を知ろう

マネープラン

全国的にさまざまな団体が活動を行い、近年急速に増えている“子ども食堂”。名前は聞いたことがあっても、具体的にどのような活動をしているのか知らない人も多いのではないでしょうか。子ども食堂が増加している背景、活動事例や課題などについて見ていきましょう。

子ども食堂とは?

子ども食堂とは、地域の子ども達や保護者などを対象に食事を提供するコミュニティのこと。主にNPO法人や地域住民によって運営されています。子ども食堂の目的としては、「地域交流の拠点」と「子どもの貧困対策」の二つがあります。地域住民のコミュニティとして幅広い年齢層の人を受け入れながら、経済的理由や家庭の事情によって、栄養のある食事をとることができない子どもたちを支援する、という社会的な役割を担っているのです。
NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえの調査(注1)によると、2018年時点で全国に2,286箇所、2019年6月では3,718箇所の子ども食堂があるということです。1年間で1.6倍にもなっており、急速に全国へ拡大しています。

子ども食堂が始まったきっかけ
子ども食堂の元祖は、東京都大田区にある「気まぐれ八百屋だんだん」だといわれています。店主である近藤博子さんは、「給食以外の食事がバナナ1本という子がいる」という話を近隣の小学校の副校長から聞き、八百屋の一角に子ども食堂を開設しました。2012年から始まったこの取り組みは現在も続いており、毎週木曜日に開催される子ども食堂は多くの地域住民でにぎわっています。
なぜ今社会活動として盛り上がっているのか?

子ども食堂が社会活動として注目されている理由はどこにあるのでしょうか。

貧困に直面している子どもの存在が社会的に広く認知されつつある
日本では、7人に1人の子どもが「相対的貧困」の状態にあるといわれてます。「相対的貧困」とは、その国の生活・文化水準と比較して困窮した状態のことを指します。政府が初めて相対的貧困率(世帯所得が標準的な所得の半分以下の世帯の割合)を公表したのは2009年です。そこから、今まで見えていなかった貧困家庭の存在が広く認知されました。また、政府も「子どもの貧困対策推進法」の改正を進めており、子どもの貧困問題を支援する動きが活発になっています。
食事を子どもに提供するという活動のわかりやすさがある
もうひとつは、“活動を通して得られる結果の身近さ”があるでしょう。
一般的に、子どもの貧困は見えにくいとされています。子ども自身が貧困状態にあることを表に出せない、情報が手に入らず社会的に孤立しがちで必要な支援が得られない、などの背景があります。ニュースでこうした子どもの貧困問題を見聞きして心を痛めている人はたくさんいるでしょう。ただ、その社会的な問題に対して具体的にどういうアクションができるのかと考えるとなかなか難しいのも事実。その点、子ども食堂には、“お腹を空かせた子どもに温かい食事を提供する”という活動のわかりやすさがあります。最近では、子ども食堂を開設したい人を対象にしたセミナーなども開催されており、自分にできることから社会の問題と積極的にかかわっていく人が増えていることがうかがえます。

子ども食堂の開催事例

全国でさまざまな団体が運営している子ども食堂の実例を見てみましょう。

高円寺 こども食堂
高円寺 こども食堂は、2015年より運営されているこども食堂の先駆けの1つです。
こちらでは、食事の提供とあわせて、小学生~高校生を対象とした無料学習塾も実施しています。最近では、子どもだけでなく、高齢者の利用も増えているということです。幅広い年齢層の人が参加できるコミュニティとして、地域に根差した活動を継続しています。
ファミマこども食堂
ファミマこども食堂は、コンビニチェーンのファミリーマートが運営する子ども食堂プログラムで、2019年3月から取り組みを開始しています。店舗周辺地域の子どもや保護者を対象に、小学生は100円(未就学児は無料)、大人は400円で食事を提供しており、レジ打ちや店舗探検といった体験イベントも実施。プログラムに賛同し、イートインスペースを備えた店舗で開催されます。開催店舗の店頭に募集ポスターやチラシが設置されるということなので、興味がある方は近所のお店をチェックしてみましょう。企業が社会貢献の一環として地域と関わっていく新しい取り組みのひとつとして、注目されています。

子ども食堂が抱えている課題

世間に広く浸透しつつある子ども食堂ですが、注目される一方で課題も抱えています。

貧困層の子どもに支援が届いているのか
多くの子ども食堂が抱えている悩みとして、「子ども食堂を必要としている子どもが来てくれているのかわからない」という問題があります。食事が満足に取れなかったり、ひとりで寂しく食事を取っていたりする子どもたちを支援するための活動であるにも関わらず、安く食事ができるという理由で安易に子ども食堂を利用する保護者もいます。食事に困っている子どもたちが、いつどこで開催されているかという情報を入手することができなかったり、周りの目が気になって足を運べなかったりすることもあるでしょう。
運営費用がかさんで継続が難しいケースも
子ども食堂を開催するためには、食材や場所を用意するだけでなく、調理などを行うボランティアスタッフも欠かせません。農家や地域の協力会社が食材を無償で提供してくれたり、多くの寄付が集まったりしている団体もありますが、開催するために持ち出し資金が発生しているところもあります。運営を継続するためには、ヒト・モノ・カネが必要であり、地域住民をはじめとする多くの支援者の存在も重要なのです。

全国で急速に増加している子ども食堂。子どもの貧困という社会問題に対して、身近で具体的な取り組みができるという点から、多くの注目を集めています。しかし、継続するためにはさまざまな課題もあり、運営者も悩みながら活動しているという側面もあります。貧困対策や地域交流といった役割を担っている子ども食堂は、今後の地域社会にとって欠かせない存在になっていくかもしれません。

参考:
  • (注1)NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ|こども⾷堂・最新箇所数調査結果
  • 本ページの内容は2019年10月30日時点での情報です。
  • 掲載された情報をもとに、お客様がなされた行為によって生じたトラブル・損害について、当社は一切責任を負いかねます。