こんな機能まであるの?身近なレジの意外な進化

マネープラン

街なかのお店で使われているレジの多くには、金銭のやり取りや在庫管理をリアルタイムにデータ化できる販売管理システムが搭載されています。これにより売上や顧客情報がいつでもチェックできるだけでなく、さまざまな販促ツールとしても利用が可能です。そんな多彩なレジの機能や進化型のレジについて解説します。

最近のレジにはどんな機能がある?

現在一般的に普及しているのは「POSレジ」と呼ばれるものです。POSとは“Point of Sales”の略で、“販売時点情報管理”という意味です。販売した時点で商品のデータを取得することができ、在庫管理をはじめとする店舗運営に欠かせない機能が備わっています。代表的なものを見てみましょう。

POSレジに搭載されている主な機能

現在主流となっているPOSレジには、以下のような機能が搭載されています。

  • 会計機能
  • 売上管理機能
  • データ分析機能
  • 商品管理機能
  • 顧客管理機能
  • 勤怠管理機能

商品の会計はもちろん、自動的に売上情報をデータ化し、発注から販売まで一連の在庫管理を調整することができます。また、どのような商品がいつ購入されたかといった情報も把握できるので、マーケティングにも役立ちます。
他にも、本店と支店を連携して、複数の店舗データを共有できる「本部機能」や、端末から厨房への注文・会計データが一元化できる「オーダーエントリー機能」など多くの機能を有しています。使う場所や業種に応じて、最適な機能を選べるのですね。

独自レシートやクーポン券の発行も

POSレジの普及により、レシートとともに発行されるクーポンにも変化が見られるようになりました。 たとえば、POSレジの機能と連動させて、特定の商品購入者のみにクーポンを発行するといった細かいターゲティングも簡単にできます。お店は収集した購買情報を販促に活かし、購入者は個別の特典を提供してもらえるという、双方にとってメリットがあります。

セルフレジやスマートレジが普及する背景

ここ数年で、セルフレジやスマートレジをスーパーなどでよく見かけるようになりました。急速に普及した背景は何なのでしょうか。

セルフレジは人手不足の救世主

大手スーパーでは、セルフ精算レジやセルフレジの設置が進んでいます。セルフ精算レジは、チェッカーと呼ばれる店員が商品のスキャンを行い、精算のみ購入者が行うもの。一方のセルフレジは、スキャンから会計作業までのすべてを購入者自身が行うという違いがあります。
このようなセルフ形式が広がる背景には、スタッフの人手不足があります。一般社団法人全国スーパーマーケット協会が発行した「2019年スーパーマーケット年次統計調査 報告書」(注1)によると、人手不足対策として2019年に「セルフレジ、セルフ精算レジの導入」をしたと答えた企業は62.5%となっています。前年度と比較しても10ポイント近く伸びており、導入を進める店舗が増加していることが分かります。

スマートレジなら格安で導入できる

POSレジのさらに進んだ姿が、スマートフォンやタブレットなどの端末を利用したスマートレジです。端末に専用のアプリをインストールするだけで、POSレジとして活用することができます。従来型のレジと比較すると、導入費用を抑えることができるだけでなく、携帯可能でスペースを必要としないため、小規模店舗や飲食店のオーダーにも適しています。

近い将来、レジはなくなる?

2018年、シアトルにオープンしたAmazon Goの1号店は、“レジなしコンビニ”として話題になりました。購入までの流れとしては、事前に専用アプリをダウンロードし、店舗の入口に設置してある読み取り機にQRコードをかざします。認証された後は、店内で自由に商品を手に取り、そのまま店舗を出れば自動的に会計が行われるというシステム。数分後には、購入した商品のレシートがアプリに送られてきます。現金どころかレジも不要という画期的なシステムなのですね。
日本でも、実証実験の段階ですが、大手コンビニで無人化に向けた取り組みが始められています。
2017年にファミリーマートは、“次世代コンビニ”を推進するため、伊藤忠商事・LINEとの業務提携を発表しました。Amazon Goと同様にAIを活用したコンビニで、客の属性に応じて商品をレコメンドし、LINE Payで決済が完了するというものです。さらに、棚の商品が減ってくると機械が自動的に補充してくれる機能なども備えているそうです。
また、ローソンでは、深夜時間帯の無人営業を2019年8月から実施しています。従業員の確保が特に難しい深夜時間帯には店員を配置せず、利用者がQRコードでセルフ決済する仕組みとなっています。


一昔前は出入金を扱う機器に過ぎなかったレジも、POS機能の搭載によって、店舗運営や販売管理に欠かせないツールへと進化しました。街なかのお店でのお買い物が便利になるだけでなく、人手不足の解消にも貢献してくれる重要な存在になっています。

出典:
  • (注1)一般社団法人 全国スーパーマーケット協会|2019年スーパーマーケット年次統計調査 報告書
  • 本ページの内容は2019年12月13日時点での情報です。
  • 掲載された情報をもとに、お客様がなされた行為によって生じたトラブル・損害について、当社は一切責任を負いかねます。