引っ越し難民はなぜ発生する?スムーズな移動のための対策とは

マネープラン

ここ数年、春先になると話題に上るのが「引っ越し難民」。これまでも進学・就職・異動などが集中する春先に引っ越しする人はたくさんいたはずですが、なぜこのような現象が起こっているのでしょう。その背景や、引っ越し難民にならないための対策について解説します。

引っ越し難民の発生する原因

「引っ越し難民」という言葉がメディアで多く取り上げられるようになったのは、2018年頃からです。その背景には何があるのでしょうか。

引っ越し難民とは?

日本では4月に年度が始まる企業や学校が多く、それに合わせて、進学・就職・人事異動による引っ越しが急増します。ピークは毎年3月下旬の土日から4月第1週の土日に集中し、この期間は引っ越し業者の料金も高くなるのが一般的です。
そんな中、「引っ越し業者に依頼できない」「希望日に引っ越しできない」「料金が高くて予算が合わない」といった問題が発生し、思うように引っ越しができない人が増えるのが、引っ越し難民という現象です。

引っ越し難民が急増した背景

引っ越し難民が発生する背景には、ひたすら増加する物流需要に対して、供給が追いつかないという状況があります。
その要因として、引っ越し業者が受注量を減少させたことが挙げられます。働き方改革を推進する企業は多いですが、引っ越し業者も例外ではありません。従業員の業務量を抑制するため、残業の廃止に踏み切った結果、1日に受注できる仕事の量が減ったのです。
さらに、トラックドライバーの不足も要因のひとつです。インターネット通販を利用する人が爆発的に増加したことにより、ここ数年で配送の需要に輸送手段の供給が追いつかなくなっています。また3月は、引っ越し需要が他の月の約2倍に跳ね上がります。つまり、繁忙期と通常期の極端な差が従業員を確保する上での課題となっているのです。従業員を安定して雇用できない、労働時間の短縮により受注数を抑制しなければならないといった状況により、引っ越し代金が従来よりも高額になっているのです。
最近は、インターネット上で複数社を一括見積もりし、引っ越し予約をするサービスの利用も増えています。その際に、予約のキャンセルを忘れるケースもあり、確保人員や時間のロスが発生していることも一因と考えられます。

引っ越し料金は時期によってどれくらい変わる?

引っ越し難民の発生する時期の料金は、通常よりも高額になるといわれていますが、目安はどれくらいなのでしょうか。

繁忙期と通常期の料金比較

引っ越し見積もりサイト「LIFULL引越し」が公開している料金相場データをもとに、繁忙期(2~4月)と通常期の料金比較をしてみましょう。

  • 50km未満(同都道府県程度)・単身の場合
    繁忙期は47,826円、通常期は44,421円
  • 50km未満(同都道府県程度)・4人家族の場合
    繁忙期は13万845円、通常期は8万6,274円

距離や荷物の量によっても変わりますが、同都道府県内・4人家族の料金で見ると、繁忙期は通常期の1.6倍~1.8倍ほどになるとされています。実際この時期に引っ越しをした人からは、当初の予算を上回ったという声も多く聞かれました。

遠距離の引っ越しの場合は

引っ越しの料金は、運賃と作業人数・作業工程から算出されます。このうち運賃は、移動距離・時間・積載量によって変わり、100km以下では時間、それを超えると移動距離が基準とされるのです。引っ越し業者によっても異なりますが、おおむね150~200kmを境に高額になる傾向が見られます。
また、遠距離の引っ越しで、運賃の多くを占めるのはガソリン代や高速道路料金で、繁忙期ほど高くなるのは人件費やトラックの料金といった固定費です。そのため、遠距離になるほど繁忙期と通常期の価格差が生じにくいといえます。

引っ越し難民の解消策はあるか?

今後、引っ越し難民の問題は解消されていくのでしょうか。
問題の根幹にあるのは、引っ越し件数の多さに対する人手不足です。しかし、企業や学校の年度初めが4月であるという慣例は変わらないため、状況の緩和はなかなか見込めないといえます。

企業の対策や新しいサービスが登場

引っ越し難民対策として、異動時期をずらすなどの検討・実施をしている企業も増えつつあります。
また、引っ越しトラックやドライバーをシェアする、「トラックシェア」サービスも登場しています。単身者の引っ越しでトラックの積載スペースをシェアしたり、帰り便の空きスペースを活用したりすることで、引っ越し難民を減らすという取り組みです。

引っ越し難民にならないために

進学や就職など、スケジュールにある程度余裕のある人は、早めに予約して繁忙期を外すのが一番です。
2月中または4月中旬以降なら、引っ越し業者に余裕がある可能性は高いです。また、複数の業者に見積もりを出すことで、希望の時期に引っ越しできる確率は高まるでしょう。
単身で比較的荷物が少ないのであれば、引っ越し業者以外の運送会社に頼むことも可能です。多少の不便を我慢できるという人は、最低限の荷物だけを宅配便で引っ越し先に送るという方法もあります。


さまざまな社会事情を受けて発生した引っ越し難民問題は、すぐには解消しそうにありません。引っ越し難民にならないためには、早めの行動と、引っ越し業者以外の手段も検討しておくなどの柔軟な対応策を用意しておくことが大切ですね。

  • 本ページの内容は2020年3月2時点での情報です。
  • 掲載された情報をもとに、お客様がなされた行為によって生じたトラブル・損害について、当社は一切責任を負いかねます。