経営方針

ジャックスは「信為萬事本(信を万事の本と為す)」を創業の精神として、信用と信頼を第一に考え、消費者の皆様の豊かな生活、お取引様の業績に貢献すべく業務に取り組んでおります。また、広くステークホルダーの皆様の『「夢のある未来」「豊かな社会」の実現に貢献する』ことを経営理念に掲げ、長期ビジョンである「アジアのコンシューマーファイナンスカンパニーとしてトップブランドを確立する」ことを目指しております。
また、中期経営計画において、「強みを活かした国内事業の収益基盤拡充」「将来の成長をけん引する海外事業の収益基盤確立」「国内・海外の成長を加速する経営基盤の強化」「ESG経営の推進」を3年後のあるべき姿に定め、ビジネスモデルの改革に取り組んでおります。

  • 株主・投資家の皆様へのメッセージ

    代表取締役社長 COO 村上 亮から、株主・投資家の皆様へのメッセージを記載しています。

  • 経営理念
  • 中期経営計画

    「強みを活かした国内事業の収益基盤拡充」「将来の成長をけん引する海外事業の収益基盤確立」「国内・海外の成長を加速する経営基盤の強化」「ESG経営の推進」を3年後のあるべき姿に定め、ビジネスモデルの改革に取り組んでおります。

  • 事業等のリスク

    ジャックスグループにおける投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項を記載しております。

ページトップへ戻る