サステナビリティ基本方針・推進体制

ジャックスグループの「Mission 経営理念」「Vision 長期ビジョン」「Value 創業の精神」に併せて、「サステナビリティ基本方針」を軸に、社会・環境問題を含むサステナビリティ(持続可能性)への取り組みを推進することで、役職員、お客様、お取引先様、株主・投資家様、地域社会の皆様など、さまざまなステークホルダーの期待に応えていきます。

サステナビリティ基本方針

ジャックスグループは、「『夢のある未来』『豊かな社会』の実現に貢献する」という経営理念のもと、ステークホルダーの信用・信頼を得ながら、事業活動を通じて社会課題の解決に貢献することで持続可能な社会の実現と企業価値向上を目指してまいります。

2021年11月制定

経営理念・各方針との関連性

Mission 経営理念 「夢のある未来」「豊かな社会」の実現に貢献する Vision 経営理念に基づき、JACCSが中長期的に目指す姿 アジアのコンシューマーファイナンスカンパニーとして、トップブランドを確立する Value MissionやVisionの実現に向けてJACCSやJACCSの社員が大切にする価値観や行動指針 信為萬事本(信を万事の本と為す)各倫理・行動規範 → サステナビリティへの取り組み サステナビリティ基本方針 マテリアリティ → 事業方針・戦略 中期3カ年経営計画「MOVE 70」

推進体制

取締役会と経営会議でサステナビリティ推進室のリーダー:経営企画担当役員を監督。サステナビリティ推進室のリーダー:経営企画担当役員はステークホルダーと対話し、取締役会と経営会議へ報告

サステナビリティへの取り組みは、ジャックスグループの経営において重要な課題と認識し、経営企画部門であるコーポレートコミュニケーション部内にサステナビリティ推進室を設置しています。また、サステナビリティ推進リーダーに経営企画担当役員を任命し、事業活動や経営戦略との一体化を図っています。
そして定期的に取締役会及び経営会議にサステナビリティに関する取り組みを報告しています。取締役会及び経営会議ではその内容を審議し、監督機能を担ってまいります。

ページトップへ戻る